月別アーカイブ: 2021年3月

新スタッフと英会話再開

3月に終了すると思ってた時短営業要請が4月の21日まで延長されました。

 

うーん、なかなか普通の生活に戻らないですねー

 

4月から普通の営業時間に戻ると思っていたのでスタッフ雇いました。

 

前回に引き続き今回もオーストラリア人スタッフです!

 

Allan(アラン)35歳男性。

 

オーストラリアで元消防士、そしてアクロヨガ?と言う結構体を激しく動かすヨガのインストラクターの資格もあるちょっと異色の経歴です。

 

面接の時に興味津々で面接で聞かないといけない質問以上にめっちゃ彼のバックグラウンド聞いてました笑

 

まだ詳しい日程は決まってませんが、おそらく週3くらいで働いてもらおうと思ってます。

 

で、毎週土曜にやってた英会話ですが、今年から緊急事態宣言もあって中止してました。

 

新しくスタッフが来ることもあり、4月から再開する予定です。

 

1回目は4月3日の土曜からです。

 

通常15時から17時までの2時間ですが、3日のみ16時から18時までの時間変更となります。

 

4月2周目からはこれまで通り15時からの開催です。

 

お間違いなく^^

 

いっぱい来てください!!とは言いづらいのでそこそこの人数で開催できればと思います

 

ご質問等ある方は以下からどうぞ↓↓

メール: enquiries@blackatock-osaka.com

電話: 06-6458-0235

THE BLACKSTOCK

(ザ ブラックストック)

世界のビール☆

ギネスビール、スコットランドの

クラフトビール、ブリュードッグ

をドラフトでご用意しております。

クラフトジン☆

ロンドン、NYから火がついた話題の

クラフトジンを国内外のもの問わず

60種類以上取り揃えております。

特別なトニックウォーターと

特別なガーニッシュでジントニックの

概念を変えます。

パブ料理☆

イギリス伝統のローストビーフや

ミートパイに代表されるパイ料理

ギネスとの相性ばっちりの

フィッシュ&チップス♪

ミクソロジスト☆

ミントたっぷりのモヒートや

旬のフルーツを使った

カクテルをご用意!

女子会、貸切やジャズライブ

イベントも盛りだくさん!

モクテル☆

ノンアルコールカクテルの

メニューが豊富にあります☆

土曜は昼から英会話☆

毎週土曜15時から開催中♪

1ドリンク付き1000円です。

土曜は15時からやってます☆

昼から飲める店

女性のお客さんが多い店

ひとりで入れる店

一人飲み大歓迎

大阪府大阪市福島区福島7-1-10 OK2番街

JR福島駅より徒歩1

British pub, Osaka, Bar, Rock music

THE BLACKSTOCK(ザ ブラックストック)

お客さんがあなたから離れていく理由

先日久しぶりに、「うわ、ここには二度と行かない」と思ってしまった出来事がありました。

 

僕は3ヶ月に一回歯の定期検診で、虫歯の確認や歯石の除去等歯のクリーニングをしてもらっています。

 

先日も、そろそろ定期検診の予約しようかなー、、と思っていたところ、

 

あれ、なんか歯が痛い気がする、、

 

冷たい飲み物を飲んだ時に嫌な痛みが出てきました。。

 

ヤバイ、、と思いすぐに歯医者に電話をかけて予約を取ろうとしたんです。

 

そこは1年くらい前から通っている近くの歯医者さん。

 

小さめな町の歯医者さんという感じで、優しくていかにも商売っ気のなさそうな真面目な院長先生がいらっしゃいます。

 

電話をかけると女性が電話に出ました。

 

僕「予約を取りたいのですが。」

 

受付の女性「治療ですが、検診ですか?」

 

僕「検診もあるのですが、歯が痛むので見てもらいたいです」

 

受付の女性「はい、日程確認しますので少々お待ちください」

 

 

・・・・・、、

 

保留が終わった後に耳を疑う衝撃の質問!

 

受付の女性「あのー、ちなみに定期検診と歯の痛みですが、どちらを先に予約取りたいですか?」

 

え??ええええええーーーー????

 

そんなことあります?

 

歯が痛くてすぐに見てもらいたいのと歯石を取ったり歯のクリーニングをする定期的な検診が優先順位同じなわけないですよね?

 

逆にあなたならどちらを先に見てもらいたいですか?って思わず言ってしまいそうになりました。

 

歯医者で働いたことがない僕でも同じことをお客さんに聞かれたとすればすぐに治療の予約をお取りすると思います。

 

なぜならそれがお客さんの一番の望みだから。

 

例えどんなにその医院が綺麗でも、どんなに院長先生が優しくても、お客さんが希望していることがわからない人が働いている場所には今後通おうという気持ちがなくなってしまいます。

 

そこで働いている人はもしかしたらパートかもしれない。

 

お金のためにやりたくない仕事をしているのかもしれない。

 

でもその仕事はお客さんあってのものです。

 

もしお客さんが全く来なくなってしまうと店舗を畳んでしまわないといけなくなり、仕事がなくなると困るのはその人です。

 

歯科医もだし、シェフや弁護士も技術や知識を長い時間をかけて勉強している人はその道の勉強はするけどその技術を生かすにはまずお客さんがいなければいけない、というのを忘れてしまうことがあります。

 

その地域に一軒しかないのなら殿様商売でもやっていけます。

他に選択肢がないから。

 

でもこの時代、特に都市部だと弁護士事務所も整体も歯医者も飲食店も見渡す限りどこにでもあります。

 

開けてればお客さんが来る時代なんてとうの昔に終わってます。

 

最初はネットで見てたまたまその店舗に行ったのかもしれない。

 

でもそのあと通うかどうかはそこで働いている方との信頼感だと思います。

あそこに行くとなんとかしてくれる、自分が望んでいるものを提供してくれる。

 

だからそこに通うのです。

 

 

僕もお酒や料理、経営の勉強をしていて昔勘違いしてた時もありました。

 

どうしても知識が優先されてしまい、おいしいカクテルやおいしいお酒を作ればお客さんが来てくれると思ったんです。

 

今思い出しても恥ずかしい笑

 

例えば、ウイスキーのカクテルがめちゃくちゃ得意で抜群においしいバーテンダーがいたとして、お客さんがウイスキーを嫌いならどんなにおいしいと思って提供してもお客さんは満足してくれません。

 

あなたの提供したいものとお客さんの求めている物が違うと、例えそれがどんなに素晴らしいものであってもお客さんはいらないのです。

 

 

結局その一本の電話で不信感が募り、歯医者さんはキャンセルすることにしました。

 

定期的にスタッフ全員でお客さんへの対応とか話し合った方がいいと思いますが、街の小さな歯医者さんにそれを期待するのは難しいかもしれません。

 

改めて僕もお客さんが求めているものをちゃんと提供できているか考えさせられ、とてもいい勉強になりました。

 

ご質問等ある方は以下からどうぞ↓↓

メール: enquiries@blackatock-osaka.com

電話: 06-6458-0235

THE BLACKSTOCK

(ザ ブラックストック)

世界のビール☆

ギネスビール、スコットランドの

クラフトビール、ブリュードッグ

をドラフトでご用意しております。

クラフトジン☆

ロンドン、NYから火がついた話題の

クラフトジンを国内外のもの問わず

60種類以上取り揃えております。

特別なトニックウォーターと

特別なガーニッシュでジントニックの

概念を変えます。

パブ料理☆

イギリス伝統のローストビーフや

ミートパイに代表されるパイ料理

ギネスとの相性ばっちりの

フィッシュ&チップス♪

ミクソロジスト☆

ミントたっぷりのモヒートや

旬のフルーツを使った

カクテルをご用意!

女子会、貸切やジャズライブ

イベントも盛りだくさん!

モクテル☆

ノンアルコールカクテルの

メニューが豊富にあります☆

土曜は昼から英会話☆

毎週土曜15時から開催中♪

1ドリンク付き1000円です。

土曜は15時からやってます☆

昼から飲める店

女性のお客さんが多い店

ひとりで入れる店

一人飲み大歓迎

大阪府大阪市福島区福島7-1-10 OK2番街

JR福島駅より徒歩1

British pub, Osaka, Bar, Rock music

THE BLACKSTOCK(ザ ブラックストック)

バーで○○する人は知らないうちに嫌われている

飲食経営者から見た飲食店の裏話シリーズ第二弾。

 

今回は僕の店での出来事をベースにお話したいと思います。

 

バーに来られる方はいろんな目的を持って来られます。

 

デート、一人でしっとり飲みたい、一人だけと誰かと話したい、新しい出会いが欲しい、店主やスタッフが友達だから顔を出す、などなど、、

 

 

 

その人の立ち振る舞いをバーのスタッフはじーっと見ていて観察しているわけです。シラフで。

 

なので、本人は酔っ払ってあんまり覚えていなかったとしても、スタッフ側からすると、めんどくさい人だなーっと勝手にダメな烙印を押されてしまい、次回来た時には素っ気ない対応される、、みたいなことが起こります。

 

 

今日はそんなバーで嫌われる行為トップ3の発表をしたいと思います。

 

1. 自分の話ばかりする

もちろんバーに来る方は基本話を聞いて欲しい人が多いしそれを否定する訳ではありません。

 

ただずーっと自分の仕事のグチを話してたり、自分がいかに仕事できるかとか延々聞かされても正直興味ないです。

 

だって常にこちらから質問して相手の言ったことを無条件に褒め称えないといけない。

 

こんな苦行あります?

そんなお客さんが来たあとはどっと疲れが溜まります。

 

 

2. 他のお客さんに必要以上に絡む

先ほどの自慢話とかにかかってくるのですが。。

最悪、自慢話や多めのグチも店員に話し続けるだけなら百歩譲って許します。

一応言い方悪いですが仕事なのでそれなりの対応はします。

 

ただそれを初めて会ったお客さんにがんがん絡んで話し続けられると、、どうでしょう。

さらに相手の年齢とか彼氏いるのとか、、それ今の時代セクハラです。

あなたが若かった時は知らんけど今の時代は立派な犯罪です。

 

他のお客さんも仕事終わりにわざわざ店まで来てくれてお金を払って飲んでくれているのに横の初めて会った人にそんな自慢話聞かされたりセクハラまがいのことされて挙句の果てにドリンクの一杯もおごらない。

 

別におごればいいって訳じゃないですよ。

ただそんなに自分の話が聞いて欲しいならクラブとかキャバクラに行ってしかるべきお金を払って聞いてもらったらいいと思います。

まぁクラブのママにもそんな人はいい顔されないと思いますが。

 

 

3. ドリンクも飲んでないのにひたすらだらだら居座る

たまにいますが、例えばハイボールとか頼んで、グラスが空になっている人。

なんやったらグラスの中の氷も全て溶けてしまってほとんど液体がない状態。

で次の飲み物聞いたら、「いや、まだ大丈夫です」

??????

ま・だ・だ・い・じょ・う・ぶ???

いやいやもうその状態かれこれ30分近く経ってますけど。

 

そんな人は大抵人と話したいけどあまりお金使いたくない人です。

平日のお客さん大していないならまだいいですよ。

週末の満席で忙しい時に、さらに他のお客さん断らないといけない状況の時に何を血迷ったこと言っているんだこの人は、、。

すぐに空気読んで帰ってください。

と言うか空気読めないからそんなことが平気でできるんですけどね。

それ他の店舗でもやってるんだったら本当に嫌がられますよ。

 

いかがだったでしょうか?

かなり感情が昂ってしまったので反省です。

書き直しませんが笑

 

 

一つだけ言えるのはお客さんは神様じゃないんです。

もしお客さんが神様だと言い張るのであれば、他の神様に対して失礼な態度を取るあなたは神様失格です。

 

バーテンダーは人を観察するのが仕事なのでみんなが思っている以上にお客さんのこと見えてるし聞こえてます。

 

そんな些細なことで行きつけの店の店員から嫌な客だなと思われるといいことないですよ。

 

お酒はみんなでワイワイ飲んだ方が絶対楽しいと思います☆

 

ご質問等ある方は以下からどうぞ↓↓

メール: enquiries@blackatock-osaka.com

電話: 06-6458-0235

THE BLACKSTOCK

(ザ ブラックストック)

世界のビール☆

ギネスビール、スコットランドの

クラフトビール、ブリュードッグ

をドラフトでご用意しております。

クラフトジン☆

ロンドン、NYから火がついた話題の

クラフトジンを国内外のもの問わず

60種類以上取り揃えております。

特別なトニックウォーターと

特別なガーニッシュでジントニックの

概念を変えます。

パブ料理☆

イギリス伝統のローストビーフや

ミートパイに代表されるパイ料理

ギネスとの相性ばっちりの

フィッシュ&チップス♪

ミクソロジスト☆

ミントたっぷりのモヒートや

旬のフルーツを使った

カクテルをご用意!

女子会、貸切やジャズライブ

イベントも盛りだくさん!

モクテル☆

ノンアルコールカクテルの

メニューが豊富にあります☆

土曜は昼から英会話☆

毎週土曜15時から開催中♪

1ドリンク付き1000円です。

土曜は15時からやってます☆

昼から飲める店

女性のお客さんが多い店

ひとりで入れる店

一人飲み大歓迎

大阪府大阪市福島区福島7-1-10 OK2番街

JR福島駅より徒歩1

British pub, Osaka, Bar, Rock music

THE BLACKSTOCK(ザ ブラックストック)

心がワクワク方向に向かって

今日は完全に独り言です。

少し長いと思うので興味のある方だけ見ていただければと思います。

 

 

今僕は自分の店を30歳から経営して7年目に入りました。

 

で、オープン当時からいろんな人に「その年で自分の店持ってすごいねー」と言われて来ました。

 

何十回何百回と「福島は家賃高くて大変でしょー」とか「酔っ払いの相手するの大変じゃない?」とか心配の声もたくさんいただきます。

 

確かに福島は飲食に人気のエリアで周りにお店も多いし家賃も高い。

 

もちろんいいお客さんがいる反面飲み方が悪かったり、泥酔して嫌な絡まれ方をしてこられて嫌な気分になることもよくあります。

 

でもオープンして6年経ちますが、これまで、「あー今日はしんどいし店行くの嫌だなー」と思ったことは一回もないです。

 

大学を卒業してから、金融系の会社で3年働いてましたが、その当時は「今日行きたくない!」と思ったことは何回もあります。

 

当然僕が毎日店にいるので、僕がいなかったら売り上げが立たない、、という理由はありますが、それを差し引いてもよく来てくれる常連のお客さんや新しく出会うお客さんと話していると、それが楽しいと思うことの方が大きいんだろうなと感じてます。

 

そこで自分で楽しい、、というのがワクワクするかどうか、、これが重要なところ。

 

 

店を始めて数年は全然お客さんも来ないし、一時別の仕事に手を出したこともありました。

 

そのうちの一つは物販ビジネスと言われるもので、仕入れた品物をアメリカに輸出するような仕事です。

元手もかからないし、しっかりそれに専念をしたら確実に利益は増えて行くようなものでした。

 

それでがっつり利益を出して、店は趣味程度でもいいかな、、と思った時期もありました。

 

ただ長続きしないんですよね。

 

その当時は何か気分が乗らないなーと気づけば距離を置くようになってしまいましたが、今になって思うのは、僕は正直パソコンの前に座って仕事、、とか、どこか倉庫みたいな場所で人と会話することもなくただ延々と作業する、、という仕事に向いてなかったんです。

 

要は金は稼げるかもしれないけどワクワクしない。

 

結局その副業のセミナーとか受けて自分で始めて初期投資はそこそこかかりましたがその費用を回収する前にやる気がなくなってしまったんです。

 

 

 

その副業も、セミナーとかに結構お金を払っているし、ある程度セミナー代がチャラになるくらいはせめて頑張ろうと自分に鞭打ってやり続けました。

 

そうするとやっぱり自分の体は正直なもんで、頭がどんどんやりたくない理由を考え始めるのです。

 

「あー昨日店が忙しくて体がしんどいから明日からやろう」とか、「今日は本読んだり勉強しないといけないから仕方ない」とか・・。

 

自分が楽しいと思ってないものをお金のためにやり続けたとしても人間そう簡単に割り切れません。

 

他の人は分かりませんが、少なくとも僕はお金のために生きている訳ではないんだな、と気づかされました。

 

もちろんお金は大事です。

 

もっと欲しいです。

 

いっぱい欲しいです。笑

 

でもお金を得ることが目的になってしまうと最悪な話、お客さんに不利益があったとしてもお金を稼ぐため、という名目でやってしまうかもしれません。

ネットワークビジネスとかまさにお金を稼ぐためだけの手段ですよね。

とりあえず自分の収益のために、見込み客にいいこと言って会員になってもらう。

やってるいる人がいたら、違うよと言われそうで申し訳ないですが。

 

 

 

今からの時代にみんながもっと考えた方がいいと思うのは、今自分がやっていることに「ワクワク」しているか、、

 

これに尽きると思います。

 

それをどんどん発信していくことが固定のファンを作り、ひいてはそれがコミュニティになっていく。

今流行っているオンラインサロンなんてまさにそれですよね。

 

芸能人だとメンタリストのDaigoさんとか、オリエンタルラジオのあっちゃんとかキングコングの西野さんとか有名な方はいっぱいいらっしゃいます。

もちろんあれだけ会員がいればえげつない収益を稼ぎ出すのでお金は稼げると思いますが、ベースにあるのはみんなワクワクすることを突き詰めて行ったからあれだけ固定ファンが多いのだと思います。

もしあっちゃんが勉強嫌いだけど、利益が出せそうだから勉強方法とか教えようかな、、とか考えてたら今の会員数にはなってないと思うんですね。

好きだからどんどん知りたくなるし、他の人に教えたくなっちゃう。

で結果教えてもらった人は感謝して、その対価としてお金を払う。

 

あと身近な例で言うと、パソコンを買おうと思ってヨドバシカメラに行ってウロウロしてたら、めっちゃパソコンに詳しい店員さんが来てくれて詳しい説明受けたら、最終的にお金を払ってるのはこっちなのに、「店員さん、いい情報教えてくれてありがとう」と思いませんか?

 

その店員さんは別にお客さんからパソコンのことを聞かれたから仕事上答えただけじゃないと思うんです。

 

めっちゃパソコン好きでお客さんにいい情報を届けたくて仕方ないんです。

 

こんな人がYouTubeとかブログとかで個人的なお勧めの投稿を上げたら見せ方とかにもよりますが固定のファンはきっとつくはず。

 

今からの時代は自分のワクワクする情報をどんどん発信していく人が強いと思っています。

 

今の仕事でワクワクしてますか?

 

休みの日でもついつい楽しい仕事のこと考えてしまうことありますか?

 

みんなが楽しい仕事ができて、楽しい会話ができるバーができれば僕ももっと楽しいだろうなーと思います。

 

あなたも自分のワクワクすることもっと追求してみませんか?